野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うなぎの蒲焼 ・・・ オバシギ
オバシギ オバシギが連れ立って散歩しているこの場所は僕のお気に入りの鈴鹿川派川です。何度か書いてますが僕とは川幅から砂浜の色まで波長の合う場所で、春・秋の渡りの時期にはシギ・チドリが立ち寄ります。

 東海地方では愛知県の一色町もシギ・チドリで賑わいを見せる場所のひとつです。この地名を今日は全国版のニュースで耳にしました。ウナギのかば焼きの産地偽装だそうです。中国産を「愛知県三河一色産」と偽って販売していたということらしいです。

 食品偽装については産地の偽装、消費期限の偽装、原材料の偽装等々、枚挙にいとまがありません。しかしこの手の事件は行政指導だけで終わってしまうことが多くて、どうもすっきりしないことが多いように思います。庶民の感覚としては当然、詐欺行為であるし食の安全という観点からも、もっと厳しく対処していただきたいものです。裁く法律がないのであれば整備を急ぐ必要があります。

 マスコミも事件を起こした当事者の記者会見には過剰なまでにツッコミを入れて追いかけまわすのですが、法制上の不備を追求する姿勢が見えないのが残念です。

 誤解を恐れずに書くならば、産地の偽装にしろ消費期限の偽装にしろ誰もが簡単に思いつき、単純で全くひねりがない。犯罪にもレベルがあるとすれば最低レベルで面白くない。だから笑えません。

 【2008/06/15 三重県 鈴鹿川 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。