野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆっくりとした時間 ・・・ カルガモ・ミヤコドリ・アオサギ
ミヤコドリ&カルガモ ミヤコドリ&アオサギ


 カルガモアオサギミヤコドリ、他にもシロチドリ、カワウ、コサギにコアジサシ・・・ このとても広いとは言えない空間に翼を持つ生き物同士、大きな争いも起こさずお互いに無関心を装っているように見える。それぞれが進化の過程で嘴の形を変え、無用な争いを避け生き残るために同じ場所でも違う餌を捕る。領土を主張するわけでもなく、喧嘩をして傷つけ合うわけでもない、ただ餌を捕り、水浴びを楽しみ、羽を休める。賢者の集まる場所では静かにそしてゆっくりと時間が流れる。

 人類も地域や環境により多様性に富んだ独自の文化を創り、発展させてきた。それぞれの文化はそれぞれに違った価値観を持っていたはずだ。世界中が「経済の発展」にのみ価値をおく文化だけになったらつまらないし、皆が同じ「餌」を食べようとすれば争いも起きる。

 「経済の発展は本当に人々を等しく幸せにしたのだろうか?」
 開催中の洞爺湖サミット、こんなことは間違っても議題にはならない。

 今年も気が付けば半分が終わってしまった。後半はゆっくりとした時間の中で過ごしたい。

 【2008/07/05 三重県 鈴鹿川派川 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。