野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教員の生態 ・・・ ヨシゴイ
ヨシゴイ 「3年B組金八先生」で武田鉄也が盆暮れに付け届けをしてるシーンや、「ごくせん」で仲間由紀恵が商品券を差し出しながら「次の人事で学年主任に推薦していただけませんでしょうか」と校長先生にお願いするシーンはある意味面白そうではあるがあまり見たくない。

 連日、大分県の教員採用試験をめぐる汚職事件で大賑わいである。いわゆる「口利き」が教員採用に限らず公務員の世界で日常的に行われていることは、皆が薄々は気づいていることであり、今さら特別に目くじらを立てる事でもない。しかし採用から昇進人事まで不正の方法や謝礼金の金額まで赤裸々になってくるといささか興醒めである。

 教員も人間である、出世もしたいし金も欲しいだろう(と思う)。世間の過度な人間性に対する期待も含め教員というのも案外、大変な職業であると改めて思う。「教員」は身近な存在ではあるがその生態は謎が多い。

 しかしその一方でお金を出してでも教員になりたい、子供を自分と同じ教職に就かせたいと考える人がいるということは、世間にはあまり知られていないメリットが・・・・考えすぎであろうか?
ヨシゴイ
 就職先の少ない地方都市での事情も解るが、教え子に説明の出来ないような悪事は公にならないようにこっそりと・・・いや、謹んでもらいたいものである。

 毎年、ヨシゴイが子育てに訪れるこの池は、散歩道を隔ててすぐ北側に小学校がある。職員室からこの池のヨシゴイの姿は見えるのだろうか。

【2008/07/20 名古屋市緑区 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。