野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水浴び ・・・ イソシギ
イソシギ_三重県桑名市 夏の容赦ない陽射しに蒸発してしまったのか、水門の調節具合なのか、事情は解らないが水をたたえる休耕田がほとんど無くなっている。吹く風も乾き、いっそう暑い。

 しかしこの夏の暑さが米はもちろん、農作物に秋の実りをもたらす。農作物は当然、勝手に実るわけではないので炎天下での人間の作業が必要になる・・・頭の下がる思いだ。農耕民族である我々の祖先は、収穫に結びつく暑い夏を喜んだに違いない。

 現在でも暑い夏は大いなる経済効果をもたらす。ビール、アイスクリーム、夏物衣料、エアコン等々、やはり夏は暑くなくてはいけない。

 休耕田の端に水が少し残っている。水溜りには所々泥の混ざった泡があり、まるで暑さで煮えたぎっているようにも見える。ケリが水溜りの部分を避けるように直射日光の中でじっとしているのを見ているとますます熱湯のように見えてくる。熱湯とまではいかなくてもかなり温まっているに違いない。

 イソシギがその中で「水浴び」をはじめた。「水浴び」というより「お湯浴び」、露天風呂に入っているように見える。

【2008/08/13 三重県桑名市 Canon 30D EF500mm F4L 】

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。