野鳥にまつわる一風変わったフィールドノート


プロフィール

たかんぼ

Author:たかんぼ
【このBLOGについて】
 バードウォッチング、野鳥撮影の
 合間に「ぼぉー」と考えていたこと
 を適当に綴った覚書です。
【リンクフリーです】
【掲載写真の無断転載等は御遠慮願います】



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


立つ鳥跡を濁さず ・・・ キョウジョシギ
キョウジョシギ_三重県鈴鹿川 「立つ鳥、跡を濁さず」と言う。

「立ち去る者は、あとが見苦しくないように始末をする。飛ぶ鳥跡を濁さず」(スーパー大辞林)の意だ。「飛ぶ鳥跡を濁さずは、間違い」との辞書もある。言葉も時代により、使われ方により、正誤が曖昧となる。

 故事ことわざ辞典によると「飛び立つ水鳥が跡の水を濁さずに飛び去ることから。」とあり、「立つ鳥」とは、水鳥のことを指すらしい。では、その水鳥とは具体的にどんな鳥なんだろう・・・少し調べてみたが、はっきりしない。

 ここからは想像だが・・・「水を濁さずに」ということであれば、カモやウ、ハクチョウの類のようにバタバタと助走をするようなイメージではなく、足のバネを使ってフワッと舞い上がるサギ類か。類義語に「鷺は立てども後を濁さず」もあった。

 写真はキョウジョシギ。飛び立つ前からファインダーの中にいたが、飛び立つ間際に糞をした。現実には、飛ぶ前には身体を軽くするためか、水鳥に限らずこんな行動の野鳥をよく見かける。

 
【2008/09/06 三重県 鈴鹿川派川 Canon 30D EF500mm F4L】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。